裁判資料作成・裁判資料用証拠収集

「裁判せずに示談で話を終わらせることができた」
「裁判資料があったおかげで相手が浮気を認めた」

当事務所の武器がこの裁判資料の精密さです。不倫相手が弁護士に相談したが、弊社の裁判資料を見せたら「裁判をしたら負ける」と示談を勧められたというほど、弊社の資料は質が高く、裁判資料作成・証拠収集能力は九州でも類を見ない最高品質です。

なぜ裁判をせずに有利に離婚することが出来るのか

裁判・超低資料収集


浮気調査・素行調査を行い裁判を決意された場合にも、無駄なく継続調査が行えます。推奨は>>>オセロコースS・SS(約1ヶ月~3ヶ月の調査)

※ 調査報告書は裁判資料としてご利用頂けます。

「裁判資料の収集」を行うメリット

裁判では、立証責任(証明責任)が問われることが多く、状況的に何が起きたかなどを推測する場合でも、その前後の状況を客観的に立証する必要があります。勝訴の為の証拠収集と手法が大切です。


(裁判資料作成サンプル)

裁判資料作成の報告例(本資料は、調査報告書サンプルの為
住所/氏名など全て仮称・架空のものです。)


裁判資料作成書サンプルを見る>>

お得なコース料金について 


オセロコースA
期間 約1~2週間
目的 浮気調査
条件 浮気している日時が特定できている場合
料金 定価270,000円~ → 220,000円~ (税別)
内訳 平日3時間調査30,000円×5日間 +土日6時間調査60,000円×2日間
オセロコースB
期間 約1ヶ月間
目的 浮気調査
条件 浮気している日時が特定できていない場合
料金 定価400,000円~ → 300,000円~ (税別)
内訳 調査時間30時間300,000円 +特殊調査機器2台100,000円

離婚で慰謝料を請求したい人のためのコース

オセロコースS
期間 相談の上決定
目的 裁判資料
条件 離婚・慰謝料・親権をお考えの方
料金 定価800,000円~ → 480,000円~ (税別)

ご相談無料です

今すぐお電話ください

電話をかける